有効なヘルペス治療のために知っておくべきことについて

症状に段階がある

medicament

口唇ヘルペスは、重症な場合を除き、大きく4つの段階を経て治っていきます。1、ピリピリやムズムズとした違和感を患部に感じ、かゆみやほてりを伴うこともあります。2、半日程度で患部が赤く腫れてきます。3、数日で、赤く腫れた部分に水ぶくれができます。この中にウイルスが入っているため、破けたところを触ってしまうと、感染してしまうことがあります。4、かさぶたができ、2週間ほどで治っていきます。これらの4段階があります。初感染の場合は水ぶくれが広範囲にわたってできてしまうなど、重症になりやすいですが、再発の場合は小さな水ぶくれが1箇所に集まってできるなど、軽症であることが多いです。また、ヘルペスは体調によっても症状の程度は変わってきます。

ヘルペスは接触により感染します。単純ヘルペスは感染力が強く、直接触っていなくても、ウイルスがついたタオルやグラスなどを介して感染することもあります。症状が出ている間はたくさんのウイルスを排出しているため、免疫のない人や免疫があっても体調を崩してる人などは感染しやすくなっています。ヘルペスウイルスは症状が治ってもいなくなっているわけではなく、神経細胞に潜んでいます。このウイルスを根絶する方法はないため、体調が悪い時などに活発となり、再発を繰り返してしまうのです。水ぶくれ等の症状は患部を清潔にすることで1〜2週間程度で治ります。自己判断により症状の悪化を招いたり、痕が残ることもあります。適切な治療を早期に行うことが、早い回復への近道です。